PR

PR
すみだまつり・こどもまつり公式キャラクター

す〜みん・み〜みん・だ〜みん

平成17年にすみだまつりの第30回を記念して、すみだまつり・こどもまつり公式キャラクター「す~みん」が誕生しました。そして、す~みんの誕生から10年、すみだまつりの第40回を記念して、新たに「み~みん」と「だ~みん」の2人が仲間に加わりました!3人となった公式キャラクターは、これからも皆さんと一緒に「すみだまつり・こどもまつり」を盛り上げていきます!

す〜みん・み〜みん・だ〜みん

す〜みん・み〜みん・だ〜みん

  • - す〜みん -

    す〜みん

    す~みんは、「大江戸すみだ」という下町の本所割下水生まれ。江戸時代や「大江戸すみだ」のことを語らせたら天下一品。生粋の「大江戸すみだっ子」です。関東大震災を経験しているひいおじいちゃんとひいおばあちゃんから地震のことをたくさん教わり育っているため、地震への意識がとても高いです。いつもまちのことを聞いて育ち、みんなのために何が出来るのかを考えているす~みんは、子どもでありながら、過去・現在・未来を結び、「大江戸すみだ」を世界へ伝えていってくれる存在です。

  • - み〜みん -

    み〜みん

    み~みんは、江戸そば屋の跡取り息子。江戸時代の浮世絵にも登場する歴史あるそば屋の長男として生まれ、もの静かな性格ですが、そばへの勉強熱心さと愛情は誰にも負けません。前髪の力を熱心にそばへ注いでいます。み~みんのそばへの思いと、す〜みんの「大江戸すみだの伝統や歴史、文化を未来へつなぎたい」という思いが重なり合っていくことで、「大江戸すみだ」にまた一つ新たなストーリーが生まれるのです。

  • - だ〜みん -

    だ〜みん

    だ~みんは、いたずらっ子。ストーリーの中では、かわいくひと味きかせてくれる存在で、ボール遊びが大好きです。ものづくりの職人の家に生まれ育っていますが、外で遊んでばかりで研究熱心さなどなく、大変な事はすぐに前髪で解決しようとしてしまいます。そんなだ~みんを見て、両親はいつも「だ~は、あれで大丈夫かね~」と言いつつ、微笑ましく、だ~みんを見守っています。

す〜みんたちのお話

「大江戸すみだ」という下町を舞台とした話の主人公す~みん。
「大江戸すみだ」に息づく伝統、文化、歴史などを活かしながら、過去・現在・未来をつなげて世の中の問題を解決することで、明るく元気にまちのみんなを活気づけ、たくさんの人が幸せになっていくお話です。
す~みんは小学生、み~みんとだ~みんは、同じまちのご近所さんです。3人に共通するのは、“不思議な前髪”。
過去や未来へ行くことができる不思議な前髪を持つのは、まちの中でもなぜかこの3人だけなのです。
「大江戸すみだ」に住む3人が、そのピュアな目を通して、子どもへも、大人へも、楽しく物事を伝えていきます。

す〜みんたちのひみつ

『す~みん』・『み~みん』・『だ~みん』は、おでこのクルンとした前髪をくるくる回すと過去や未来を自由に、時空を移動できるんだ!
時計回りに回すと未来に、逆回りに回すと過去にタイムスリップ!
その回す速度が速ければ速いほど、過去なら過去へ、未来なら未来へ、より遠く飛ぶことができるよ!

PR
すみだ親善大使

「すみだの顔」として区をPRする、第20代すみだ親善大使が決まりました。ご応募いただいた方のなかから厳正なる審査を経て、冨田 由維(とみた ゆい)さん、神長倉 未稀(かなくら みき)さん、山田 夏海(やまだ なつみ)さんの3名が「第20代すみだ親善大使」に選ばれました。
今後も墨田区の行事などに参加し、区のPRのため1年間頑張って参ります。皆様、よろしくお願いいたします!

第20代すみだ親善大使の抱負

  • - 冨田 由維さん -

    冨田 由維さん

    いよいよ東京オリンピック・パラリンピックが開催されます。世界中から沢山の方々が訪れるこの機会に、墨田区が持つ魅力を伝えて多くの方に好きになってもらえるようなPRをしていきたいと思います。

  • - 神長倉 未稀さん -

    神長倉 未稀さん

    人は輝くものに惹きつけられます。墨田区が5年後、10年後も輝くまちであるために魅力を最大限に引き出せるよう、また「すみだの顔」として自らも輝けるよう、楽しみながら様々なことに挑戦していきたいです。よろしくお願いいたします!

  • - 山田 夏海さん -

    山田 夏海さん

    私は墨田区で生まれ育ち、25年経ちました。その中で感じる墨田区の魅力や、おいしいお店などをもっとたくさんの方に知って頂けるように、精一杯頑張ります!

すみだ親善大使は、若者の代表として、地域の公的行事に参加することにより、若者層の街への関心を一層高め、地域の振興とイメージアップに役立たせることを趣旨として毎年3名で活動しています。任期は、すみだまつりから、翌年のすみだまつりまでの1年間です。すみだ親善大使は、区の公的行事のほか、地域振興と文化向上に寄与する行事に派遣することができます。

  • - 第19代すみだ親善大使 -

  • - 第18代すみだ親善大使 -

  • - 第17代すみだ親善大使 -

  • - 第16代すみだ親善大使 -

  • - 第15代すみだ親善大使 -

  • - 第14代すみだ親善大使 -

  • - 第13代すみだ親善大使 -

  • - 第12代すみだ親善大使 -

-->

PR
プログラム

タブロイド版のプログラムを約9万部作成し、開催1週間前の日曜日に新聞折込(読売、朝日、毎日、産経、日経)で区内約6万戸のご家庭に配布します。また、すみだまつり・こどもまつり当日まで、区の施設や、ご協賛いただいている、オリナス、アルカキット錦糸町、区内信用金庫、信用組合各支店などでも配布します。